森友学園問題、教育勅語って右翼なの?

   

大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題が今ニュースを賑わせています。

この問題の詳細は他のニュース、ブログなどで説明されていますのでここでは細かく紹介しませんが、国有地の売買に関しての不正の有無や政治家の関与などの詳細はもちろん追求されるべきです。

が、TVやマスコミがそれと意図的に混同して、森友学園の母体である塚本幼稚園の教育方針について「右翼的な教育を行っている、」「善悪の判断のつかない幼児を洗脳している」「安倍総理万歳と子供たちに言わせている」等、土地払い下げの問題となんら関係がない部分で塚本幼稚園と与党バッシングが続いています。

国会内でも自民党政権批判の道具として政争に用いられ、野党民進党の議員は国会議員の一番重要な責務である国会の衆院予算委員会を無断欠席までして視察に訪れています。「強行採決」「充分な審議が尽くされていない」とは野党議員からよく聞く言葉ですが、自分たち自身が国会での審議を放棄していては充分な審議は尽くせないのではと、私は思います。

安倍首相、昭江婦人の関与も根拠が乏しく、スキャンダルを作り出し今国会でのテロ等準備罪(共謀罪)の不成立を狙う妨害工作と疑われても仕方ありません。

一日で国会で使用される税金は1~3億円とも言われています、これを無駄遣いするのは主権者である国民の一人としていい加減にして頂きたいと心から思います。

とはいえ、個人的には「安倍総理万歳」はさすがに擁護できません。行き過ぎた個人崇拝は独裁を生みます、安倍総理自身もそれは望んではいないのではと忖度(そんたく)します。

 

さて、塚本幼稚園のいわゆる「右翼的な教育」の中に教育勅語の暗喩があります、教育勅語とは明治23年(1890年)に明治天皇が時の総理大臣と文部大臣に対して述べられた教育に関して勅語(天皇の言葉)です。

教育勅語は本当に右翼、軍国主義的な教えなのか?

教育勅語の原文は少し難しいので、現代の口語に訳したものを掲載します。自分で読んでみて、どう思われますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教育に関する勅語

私(天皇)は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

国民の皆さんは、①子は親に孝養を尽くし、②兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、③夫婦は仲睦まじく解け合い、④友人は胸襟を開いて信じ合い、⑤そして自分の言動を慎み、⑥全ての人々に愛の手を差し伸べ、⑦学問を怠らず、職業に専念し、⑧知識を養い、⑨人格を磨き、⑩さらに進んで、社会公共のために貢献し、⑪また、法律や,秩序を守ることは勿論のこと、⑫非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数字が書かれた物が12の徳目と言われるものです

①孝行 ②友愛 ③夫婦の和 ④朋友の信 ⑤謙遜 ⑥博愛 ⑦修学習業 ⑧智能啓発 ⑨徳器成就 ⑩公益世務 ⑪遵法 ⑫義勇

 

現代の日本でも通用する至極まっとうな教育方針であると私は思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

今日もにゅ~ぺとりをご覧頂きありがとうございました。

 

最後に教育勅語の原文も掲載しておきます、口語版と見比べてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン

斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ俱ニ遵守スヘキ所
之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト俱ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 - 時事