蒲田くんストラップ作ってみたよ。

   

最近物騒な話題ばかりでしたので、少しばかり息抜き。

読者のみなさんは昨年の話題の映画「シン・ゴジラ」はご覧になられましたか?

私個人としては非常に面白い、まさに僕が見たかったゴジラ映画だったのですが、その中でゴジラの幼態とも言うべき「ゴジラ第2形態」がトボけた見た目でキモかわいいとネット上で話題になりまして、出現した場所にちなんで「蒲田くん」なんて非公式なあだ名もついたりして人気を集めていました。

が、驚くことになんと単独で「ちびっとシン・ゴジラ(第2形態)」としてカプセルトイ(いわゆるガチャガチャ)デビューを果たし、そのカプセルトイを運良く見つける事ができたので購入してみました。

 

私が引き当てたのはぶらさがりVer、しっぽをコップのふちにひっかけるタイプだったのですが、これをストラップに改造します。

 

まずはしっぽと本体の連結です、普通に組み立ててもいいのですが、過度な重さやひっぱりがかかるとすぐに取れてしまいそうなので、連結部に穴を開けてそこに骨(芯材)を入れます。

芯材はクリップの端をちょっと切って使います。反対側にもうまく噛み合うように穴を空けて瞬間接着剤で接着します、こうすればよほどの事がないかぎりしっぽが取れる事はないでしょう。

肌の色が少しのっぺりとした印象がありますので、凹凸を目立たせる為にスミ入れをします。手元に丁度スミ入れ用のガンダムマーカー「リアルタッチマーカー ブラウン」があったので、コレを使います。

一度塗って、綿棒やティッシュで拭き取るとディテールの奥まった所にだけ塗料が残り、筋肉のシワやエラの部分が目立つようになります。

 

目に塗料が乗らないように注意して作業する事数分、綺麗に(小汚く)表現できました。

塗装前と比べてみると、スミ入れの効果がわかります。

ぶらさがりVerですから、さかさまに吊るすので重心を考えて尻尾の方にストラップ基部をつけて完成です。

ちょっとした小改造でお気に入りの小物が簡単にストラップになるのでみなさんも試してみてはいかがですか?

 

今日もにゅ~ぺとりをご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 - 模型